公園通り

チェックは簡単

セルフチェックで確認することも

うつ病は現代病ともいわれるほど患者数の多い病気です。心の風邪とも例えられることがありますが、なかなか病気から抜け出せないという方もいます。最近ではうつ病に関する報道や様々な取り組みが功を奏し、一般的にも広く知られる病となり、セルフチェックシートなどもあります。 うつ病になる原因やきっかけは様々です。仕事やその人間関係が原因という方もいれば、恋愛や家族関係が原因という方もいます。また、生真面目で責任感が強い方ほどうつ病になりやすいとも言われています。原因はさておき、最近疲れやすい・寝つきが悪い・気力ややる気がないなどといった症状があり、体調がすぐれないという場合はセルフチェックがおすすめです。セルフチェックシートは医療機関でリーフレットとして用意されていることもありますし、インターネットサイトでも可能です。まずは気軽にチェックしてみることで、早期に病気治療を行うことにつながります。

早めにクリニックを受診すること

うつ病のセルフチェックは大変便利ですが、最終的な診断は医師が行う必要があります。うつ病が疑われる場合は、メンタルクリニックや心療内科を受診します。まずはセルフチェックと似たような項目の問診を受けることからはじまり、これをもとに、医師が様々な質問を行い、うつ病か同課の診断を行います。 セルフチェックの段階でうつ病の可能性が高いという場合でも、実際にその不調がうつ病によるものとは限りません。中にはほかの身体的病気が原因や服用している薬の副作用などで、憂鬱な気分に陥っているという可能性もあるのです。うつ病の可能性は低かったし、気の持ちようだと安易にとらえずに、体に何らかの不調があるという場合はいずれかのクリニックを受診することも重要というわけです。