公園通り

なりやすい人とは

うつ病になりやすい人とは

うつ病は心の風邪とたとえられることがあります。ストレス社会と呼ばれる現代では誰しもがかかりうる病であると同時に、最近ではうつ病の認識が広がっていることで企業側で様々な取り組みを行う事例も増えています。 このうつ病の原因は人それぞれです。仕事・恋愛・人間関係・妊娠出産など、その人によって異なります。こうした外的要因による精神的・肉体的な疲労が続くことで、脳内の伝達物質がバランスを崩し、感情のコントロールがうまくいかなくなることが原因と考えらえています。女性に関しては、女性ホルモンのバランスも影響しているといわれています。また、うつ病を発症した人にはもともと持つその人の性質に共通点があるとされていて、一般的にうつ病になりやすいは、責任感が強い完璧主義者や生真面目な性格の方と言われています。

治療には家族の理解が必要

うつ病の治療には投薬治療のほかに、十分な休養が必要です。先述したように、うつ病の原因にはその人の性格も大きく関係しています。生真面目な方ほどかかりやすいのですが、その反面、会社を休むわけにはいかない・家事や子育てをおざなりにはできないという思考に陥りがちな患者を、今は休む期間だと説得するのが家族の役目です。 また、家族がなぜうつ病になったのかその原因は非常に気になるところです。しかし、根掘り葉掘り質問することで患者本人にいやな思いをさせてしまい、療養にならないケースもしばしばあります。そのため、気になるところをぐっとこらえて、ただ温かく見守るというのも家族の大きな役目です。可能であれば、クリニックに同行し、医師と十分に話をして治療方針を共有することも効果的です。